『WP Fastest Cache』の設定について

モバイルファースト、レスポンシブウェブデザインを推し進めていくなかで、
ページの表示速度は課題でした。

以前から「W3 Total Cache」を利用していましたが、エラーがでたり、設定項目が多かったり、すべて英語というのがちょっとわかりずらい点でした。そこで「WP Fastest Cache」は設定項目に12個チェックを入れるだけで簡単に実装できることから、今後はこちらのプラグインを採用していきます!

 

WP Fastest Cacheとは

日本語表示に対応した、とても設定が簡単なキャッシュ系プラグインです。
無料版と有料版がありますが、無料版でも十分にサイト表示速度の高速化ができます。

このプラグインでできること

  • 設定
  • キャッシュの削除
  • キャッシュの有効期限
  • 画像の最適化(有料版)
  • プレミアム(有料版)
  • 除外する
  • CDN
  • DB(有料版)

一緒に入れるプラグイン

Unveil Lazy Load

一度に取得する画像の抑制により、サーバとクライアント間を往復するHTTPリクエスト数と読込データ容量が削減できるため、表示速度の高速化につながります。

設定

基本的に、以下の12個にすべてチェックをいれるだけで設定完了です。

注意点としては、以下の3つです。

1)「モバイル」はユーザーエージェントでテンプレート切り替えている場合はチェックしてください。
キャッシュを表示するため、PCのテンプレートが表示される場合があります。レスポンシブウェブデザインなど一つのソースコードで作られている場合はチェックをはずしても大丈夫です。

2)「JSの統合」はスクリプエラーがでる場合はチャックをはずしてください。
一つに統合されることで他のjQueryやJavascriptと競合する場合があります。

3)お問い合わせフォームのプラグインと競合する場合があります。
入力値やバリデーションをキャッシュしてしまう場合があるので「除外する」を設定しましょう。

  • キャッシュ:有効にする
  • 自動キャッシュ生成機能(Homepage,Posts,Categories,Pages,Tags,Attachments)
  • ログインユーザーに対してキャッシュを表示しない
  • モバイルユーザーに対してキャッシュを表示しない
  • 投稿またはページが公開されたときにキャッシュファイルをクリアする
  • 投稿またはページが更新されたときにキャッシュファイルをクリアする
  • HTMLを圧縮してページサイズを小さくする
  • CSSファイルを圧縮する
  • CSSファイルを統合してHTTPリクエスト数を減らす
  • JavaScriptファイルを統合してHTTPリクエスト数を減らす
  • サーバーから送信されるファイルをGzip圧縮する
  • ブラウザキャッシュを利用してロード時間を短縮する
  • 言語:日本語切替

 

キャッシュの削除

手動ですべてのキャッシュを削除することができます。
サイト更新の際に、どうしてもうまく反映されないなどキャッシュの影響がでてしまった場合などに使うと便利です。また、CSS/JSのキャッシュのみ削除することもできます。

※キャッシュの削除は上部管理メニューの「WPFC」からも操作できます。

 

キャッシュの有効期限

キャッシュした情報を任意のタイミング(週1回や15分毎に1回など)で削除することができます。「Add New Rule」ボタンから設定しましょう。外部からのfeedを表示している場合やSNSのシェア数をカウントしている場合などに使えると思います。

 

画像の最適化(有料版)

画像圧縮をして容量の削減ができる機能です。有料版でのみ使用できます。(※未検証)

※無料で画像圧縮できるプラグインはあります。
EWWW Image Optimizer」がおすすめです。

 

プレミアム(有料版)

有料版の紹介ページです。$39.99(約4,500円)で購入できます。(※未検証)

【追加される機能】

  • 画像の最適化
  • モバイルキャッシュ
  • HTML の圧縮プラス
  • JS の結合プラス
  • Minify Js
  • キャッシュの削除履歴
  • キャッシュの統計

除外する

キャッシュを無効にしたいページやファイルやユーザーエージェントなどを指定することができます。「Add New Rule」ボタンから設定しましょう。

CDN

CDNとはコンテンツ・デリバリー・ネットワーク(Contents Delivery Network)の略です。
複数のサーバーにキャッシュを保持してユーザーに近いサーバーから配信を最適化する事で高速化をするサービスです。「Wp Fastest Cache」との連携ができるそうです。(※未検証)

無料サービスとしてCloudFlarePhotonなどが有名です。

DB(有料版)

データベースのクリーンアップ機能です。
「リビジョン」「ごみ箱」「トラックバック」「ピンバック」「一時的なオプション」などを消去してくれるそうです。(※未検証)

 

 

 

Sidebar