『Custom Post Type UI』の設定について

『Custom Post Type UI』はカスタム投稿タイプを追加するWordPressプラグインです。
カスタム投稿タイプはプラグインを利用しなくともfunction.phpで追加することができますが、このプラグインを利用すいるとさらに簡単に追加・管理ができてしまう優秀なプラグインです。

投稿タイプとは?

WordPressには投稿記事の分類として「投稿」と「固定ページ」の2つ種類があります。
それとは別に「カスタム投稿タイプ」という1種があるということをまずは覚えましょう。

 

「投稿」は動的(投稿型)コンテンツの配信向き
「固定ページ」は静的コンテンツの配信向き
「カスタム投稿タイプ」は動的(投稿型)コンテンツの配信向き

「カスタム投稿タイプ」は具体的にどんな使い方ができるかというと…
例えば

  • 「よくある質問」の投稿をできるようにする
  • 「スタッフブログ」の投稿をできるようにする
  • 「社長ブログ」の投稿をできるようにする
  • 「施工事例」の投稿をできるようにする

などです。

簡単にいうと「投稿」の種類を増やすことができるというイメージです。

 

このプラグインでできること

カスタム投稿タイプの作成
タクソノミー(カテゴリ)の作成

 

一緒に入れるプラグイン

Custom Post Type Permalinks

カスタム投稿タイプのパーマリンク設定のカスタムが可能になります。
例えば「/blog/taxonomy/term/投稿ID」のように間にtaxonomytermを挟んだURLにするなどカスタマイズができます。

 

カスタム投稿タイプの作成

基本設定

投稿タイプスラッグ (必須)

例「staffblog」
投稿タイプの名前 / スラッグ。
投稿タイプのコンテンツにアクセスするための各種クエリーで使われます。

複数形のラベル (必須)

例「スタッフブログ」
この投稿タイプの管理メニュー項目として使われます。

単数形のラベル (必須)

例「スタッフブログ」
単数形ラベルが必要な時に使われます。

 

追加ラベル

各表示名をカスタムする際に設定します。特にない場合はスルーでOK

 

設定

 

アーカイブあり

「true」に変更
この投稿タイプには投稿タイプアーカイブの URL が存在 (デフォルト: false)

フロントでのリライト

「false」に変更
パーマリンクの先頭に最上位階層を示す文字列を付加する (デフォルト: true)。

サポート

「タイトル」「エディター」「アイキャッチ画像(必要な場合のみ)」
「リビジョン」「登録者」に変更

利用するタクソノミー

「タクソノミー(カテゴリ)」を作成した場合は使用したいタクソノミーにチェック
登録済のタクソノミーから利用するものを選択。

 

 

 

タクソノミー(カテゴリ)の作成

基本設定

タクソノミースラッグ (必須)

例「staffblog_cat」
タクソノミーの名前 / スラッグ。タクソノミーのコンテンツにアクセスするための各種クエリーで使われます。

複数形のラベル (必須)

例「カテゴリー」
このタクソノミーの管理メニュー項目として使われます。

単数形のラベル (必須)

例「カテゴリー」
単数形ラベルが必要な時に使われます。

利用する投稿タイプ (必須)

例「スタッフブログ」
登録済の投稿タイプから利用するものを選択。少なくとも1つ必要。

 

追加ラベル

各表示名をカスタムする際に設定します。特にない場合はスルーでOK

 

設定

階層

「true」に変更
このタクソノミーは親子関係を持つことが可能 (デフォルト: false)

管理画面でカラムを表示

「true」に変更
管理画面で、このタクソノミーと関連づけられている投稿タイプの投稿一覧等の表示カラムとして、このタクソノミー用のカラムを自動的に作成する (デフォルト: false)

 

Sidebar