【コピペ】WordPressのfunctions.phpの整理方法について

functions.phpとは

そもそもfunctions.phpとは何でしょうか?
公式サイトには以下のように説明があります。

WordPress のデフォルトの動作を変更する方法のひとつに functions.php という名前のファイルの利用があります。これはテーマのフォルダーに入れるものです。

この functions ファイルは WordPress プラグインのように振舞って、WordPress サイトへ特徴や機能を追加します。これを使って、PHP と WordPress 組み込みの両方の関数を呼び出したり、独自の関数を定義したりできます。

functions.php 概説 – WordPress Codex 日本語版

 

要はWordPressプラグインと同様で機能を拡張するもの

例えば、パンくずリストを作成する、ユーザーエージェントのチェック関数を追加する場合は、
以下のコードをfunctions.phpに追加します。

パンくずリスト

 

ユーザーエージェントチェック

 

色々追加するとコードが肥大化

とても便利な関数がたくさんあります!
追加していくとコードが長くなり、最終的になんの関数を書いたのかわかりづらくなってしまいます。

 

そこで解決方法としてfunctions.phpの整理方法

それぞれ目的別のファイル名に分類することで何の関数を使っているのか、一目でわかるようになりますのでこの方法はおすすめです!

※注意 このサンプルコードでは「$pathlib」にテーマフォルダ名を指定しています。不要の場合は削除ください。

参考サイト
[WordPress] functions.phpを編集、修正、管理しやすくする書き方

$pathlibを入れている理由

別テーマをもう一つ作成した場合、もし使っているfunctions.phpが同じで良いならすでに作成してあるfunctions.php参照にすると、わざわざコピーしなくても良いということになり、管理がとても楽になります。

しかし、ここで問題が… functions.phpのパスは適用されているテーマの下層しか参照できません。上層にあるテーマフォルダを参照させるには、相対パスを書かなければいけません。そのために$pathlibの「dirname」を使ってパスを取得しています。

例えば、さくらインターネットのサーバだとこのようなパスが取得できます。
/home/ユーザー名/www/WPインストールしているフォルダ名/wp-content/themes/forRWD

Sidebar